債務整理をすると借金の取り立て・催促は止まる?

取り立てに悩んでいる男性

 

多重債務によって借金の返済が滞ると、貸金業者から取り立てや催促を受けます。

 

返済できずに悩んでいる上、取立てや催促の電話があると、精神的にしんどいですよね。眠れないほどストレスになっている人もいるのではないでしょうか?

 

借金が支払えない場合、債務整理の手続きによって借金問題を解決できますが、取立てや催促はどうなるのでしょうか?

受任通知が貸金業者に届くと、借金の取り立ては止まる

弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると、貸金業者に受任通知が送られます。

 

受任通知とは、弁護士・司法書士が貸金業者に対して、債務整理の開始を知らせる文書ですが、目的はそれだけではありません。今後、債務者に取り立て・催促などの連絡を行わないよう警告する効果もあります。

 

貸金業法21条1項では、受任通知を受け取った貸金業者が、債務者に対して借金の取り立てすることを禁止しています。

 

ですから、弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると、借金の取り立て・催促を止めることができるわけです。

債務整理後も取り立てが続く場合はどうなる?

基本的に、受任通知を受領後に、債権者が取り立てを続けることはありません。

 

なぜなら、2年以下の懲役や300万円以下の罰金など刑罰が科されて、行政処分の対象になるからです。貸金業登録を取り消されることもあるので、そのようなリスクは取らないことが通常です。

 

しかし、借金した業者がヤミ金融だった場合、しつこく取り立てを続けることがあります。違法な取り立てを行う業者も存在します。

 

この場合、自分一人で対応してもどうにもなりません。債務整理を開始したあとに借金の取り立てを受けたら、すぐに弁護士や司法書士に相談しましょう。

返済できなくなったら、早めに債務整理を検討しよう

借金返済の目処が立たない場合、自分一人で悩んでいても解決できません。誰にも相談しないでいれば、精神的に追い込まれてしまいます。

 

返済するために借金するような自転車操業をしているなら、できるだけ早く債務整理を検討しましょう。

 

弁護士に依頼すれば、取り立てや催促はすぐに止まります。精神的な重圧からも開放されて、前向きに生きられるようになると思います。

 

もし、いきなり弁護士に依頼するのにためらいがあるなら、債務整理について無料相談できるサイトを活用してみましょう。

 

⇒債務整理で借金をどのくらい減額できるか匿名無料で診断する