債務整理をすると、結婚後にどんな影響がある?

草原と家

 

結婚前に債務整理すると、その後の生活に悪影響があるのかな…」と気になっていませんか?

 

結婚は人生の大きな岐路です。債務整理で借金をなくしてから、前向きに考えたいと思う方も多いですよね。

 

とはいえ、債務整理によって結婚後に不都合があるのは困りますよね。もし、相手に内緒で債務整理した場合、バレたときに揉める原因になるからです。

 

そこで今回は、以下のトピックについてご紹介します。

  • 結婚前に債務整理することによる生活への影響
  • 配偶者はクレジットカードの新規作成やローンは組めるのか?

債務整理による結婚後の生活にどんな影響ある?

債務整理をすると、個人情報機関に事故情報が登録されて、クレジットカードの新規作成やローンを組むことができなくなります。

 

債権者(貸金業者や金融機関)によって扱いは違いますが、債務整理の手続きから約5〜10年間は借金することができません。

 

しかし、債務整理した本人の配偶者には、ほとんど影響がありません。配偶者の個人信用情報に傷がつくことはないので、クレジットカードを使い続けることができるし、新しく作ることもできます。

 

日常生活で本人や配偶者に不都合が生じるケースは、ほとんどないと思います。

住宅や車のローンは組める?

では、結婚後に住宅や車を購入する場合、ローンを組むことはできるのでしょうか?

 

前述したとおり、債務整理した本人は一定期間が経過していないと、住宅ローンや自動車ローンを組むことができません。

 

もし、この期間にローンを組むとしたら、配偶者の名義で行うしかありません。しかし、保証人付きのローンを組む場合、債務整理した本人は保証人になれないため、配偶者がローンを組めない場合があります。

 

別の人が保証人になってくれる場合や、保証人が必要ないなら問題ありませんが、ローンを組めないことがあると認識しておきましょう。

結婚前に債務整理しておいた方がいい?

債務整理によって結婚後の生活に支障が出るのは、ローンを組んだり借金するときだけで、それ以外は基本的に問題はありません。

 

親の債務整理が子供の出産や進学に影響することもありませんし、他人に知られる恐れもありません。なので、結婚を考えているなら、できるだけ早く債務整理することをおすすめします。

 

返済できるかどうかわからない借金を抱えたまま結婚すると、結婚後に債務整理することになってしまうかもしれません。

 

結婚前であれば、相手に内緒で債務整理することも難しくないので、早めに債務整理を検討してみてはどうでしょうか?

 

⇒債務整理で借金をどのくらい減額できるか匿名無料で診断する