家族(夫や妻)に内緒で債務整理はできる?

悩みを抱える男性

 

債務整理したいけど、家族(夫や妻)にバレるのが不安で、手続きをためらっていませんか?

 

家族に秘密にしている借金がある場合、なかなか打ち明けることができませんよね。借金が原因で、夫婦仲が悪くなることもよくあることです。

 

誰にも知られずに債務整理できれば一番ですが、家族に内緒で債務整理することはできるのでしょうか?

任意整理はバレにくい?

債務整理のうち任意整理の手続きを選択すると、家族にバレる可能性は低いでしょう。

 

弁護士に依頼すれば、債権者に受任通知が送られ、借金の取立てや催促は止まります。貸金業者からの電話も止まりますし、自宅に郵便物が送られてくることもありません。

 

債権者との交渉も弁護士が担当してくれるので、手続きに必要な連絡はすべて弁護士事務所にいきます。

 

弁護士からの連絡や郵便物も、家族にバレないように協力してくれる場合がほとんどなので、家族に知られる可能性は低いと言えます。

 

任意整理で家族や職場にバレにくい理由は、こちらの記事(家族や会社に内緒で任意整理することはできる?)で詳しく書いています。

個人再生と自己破産の場合はどうなる?

任意整理に比べると、個人再生と自己破産の手続きは、バレる可能性が高くなります。

 

というのも、裁判所に提出する資料が多く、夫(妻)に協力してもらわないと書類が揃わない可能性があるからです。

 

個人再生と自己破産では、様々な資料を揃えて裁判所に提出する必要があります。

 

債務者の収入状況や資産の一覧だけでなく、同居している家族の給料明細・源泉徴収票や家計表も揃えないといけません。

 

裁判所に提出する必要がある書類や資料【まとめ】

債権者一覧表、家計の状況、住民票、水道光熱費などの領収書、預金通帳、取引明細書、給与明細、保険証書、固定資産評価額証明書、住宅ローンの契約書 etc

 

これらの書類を家族に内緒で集める必要があるので、不審に思われてバレることもあるかもしれません。手続きの期間も半年ほどかかるので注意が必要です。

 

また、個人再生と自己破産は、手続き開始と同時に国の発行機関である「官報」に、名前と住所が記載されます。

 

通常は一般の人が見る可能性は少ないですが、誰でも見ることができるため可能性はゼロとは言えません。内緒にしたまま手続きすることは可能ですが、任意整理よりはバレやすいかもしれません。

家族が保証人(連帯保証人)になっているとき

もし、保証人(連帯保証人)がいる借金を対象に債務整理をする場合、保証人が代わりに借金を返済する必要があります。

 

ですから、家族(夫や妻)が保証人になっている場合、裁判所から家族に通知が送られます。個人再生や自己破産のときは、秘密にしていてもバレるので、前もって家族に相談しておいた方がいいでしょう。

 

ただ、任意整理では債権者を選ぶことができるので、家族が保証人になっている借金を対象からはずすと、特に問題はありません。

 

どうしても家族に知られたくないなら、任意整理の手続きがベストだと思います。ただし、任意整理ができるかどうかは個人の状況によって違うので、まずは弁護士に相談してみてください。

 

⇒任意整理できるかどうか匿名無料で診断する