債務整理後に携帯電話の購入は分割払いで対応してくれるか?

スマホ

 

携帯電話を新規契約するとき、機種代は分割で購入したいですよね。

 

日常生活を送る上で携帯やスマホは必需品です。故障して使えなくなったりした場合、新らしい携帯電話を購入しないと困ってしまいます。

 

では、債務整理をした人が携帯電話を分割払いで契約できるのでしょうか?

債務整理後の分割払いについて

携帯電話やスマホを分割払いで購入する場合、信用情報機関で事故情報をチェックされます。これはローンの審査と変わりません。

 

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産という3つの方法がありますが、どの手続を選択しても事故情報が信用情報機関に登録されています。

 

分割払いの審査でチェックをされるとき、その債務整理に関する情報が見られるので、分割支払いによる機種変更や新規契約は難しくなります。

 

この場合、機種代を現金での一括払いにすることで契約自体はできますが、場合によっては新規契約もできないこともあります。

新規契約できないのはどんなとき?

携帯電話の新規契約ができないのは、利用料金や機種代の分割ローンに未払いや滞納があるときです。

 

携帯電話会社はTCAという電気通信事業者協会のネットワークで、不払いの情報をお互いに共有して管理しています。

 

新規契約のときには、その不払い情報が参照されるので、未払いや滞納がある場合は新規契約の審査が通らない可能性があります。

 

個人再生や自己破産の手続きを選択して、未払い料金や分割ローンを整理していると、新規契約できないことがあるわけですね。

 

ですから、債務整理後に携帯電話の新規契約することを考えているなら、任意整理で携帯電話の分割ローンを対象からはずして、支払いを続けた方がいいでしょう。

 

ちなみに、分割ローンを払い終えて利用料金の滞納もない場合は、個人再生や自己破産をしても新規契約に影響を与えることはありません。

まとめ

債務整理をしていても、携帯電話の利用料金や分割ローンに未払いがなければ、新規契約や機種変更することに問題ありません。

 

しかし、信用情報機関に事故情報が登録されるため、機種代を分割払いで支払うことは難しくなります。現金一括で携帯電話を購入することを検討しましょう。

 

また、携帯・スマホの利用料金や、機種代の分割ローンを債務整理の対象にすると、新規契約ができないこともあります。

 

今後も携帯電話を利用したい場合は、任意整理で対象からはずして、支払いを続けることがおすすめです。