債務整理するとクレジットカードは使えなくなる?使える?

クレジットカード

 

債務整理でクレジットカードが全部使えなくなるのかな…」と不安に思っていませんか?

 

債務整理を行うと、信用情報機関に事故情報が登録されるので、基本的にクレジットカードが使えなくなりますが、手続きの方法によってはすぐに解約されないことがあります。

 

選択する債務整理によって、クレジットカードの扱いに違いがあるんですね。今回は、債務整理によるクレジットカードの扱いについてご紹介します。

クレジットカードがすぐに解約されない場合って?

債務整理の方法には、任意整理・個人再生・自己破産の3種類の方法があります。

 

このうち任意整理は、裁判所を介さない借金整理の方法で、整理する対象を選んで手続きをすることができます。

 

なので、クレジットカードを発行している債権者を対象からはずすと、クレジットカードをそのまま使えることがあります。

 

なぜ使えるかと言うと、対象からはずして手続きした場合、すぐに信用情報機関の事故情報をチェックされないからです。

 

支払いが滞納していないことが条件になりますが、一定期間クレジットカードを使えることがあるわけです。

 

ただし、有効期限が切れて更新されるときには、債権者は信用情報を確認するので、このタイミングでクレジットカードが使えなくなる可能性があります。

 

個人の状況によっては、更新後も使える場合もありますが、基本的には使えなくなると思っておいた方がいいようです。

個人再生と自己破産の手続きは?

では、個人再生と自己破産の場合はどうなるのでしょうか?

 

個人再生と自己破産は、裁判所を利用する手続きで、全ての債権者が対象になります。

 

債権者を平等に扱わなければならない「債権者平等の原則」に反することができないので、クレジットカードを発行している債権者も対象になります。

 

ですから、弁護士に依頼して手続きが始まる段階で、すぐにクレジットカードが使えなくなります。

カード決済でショッピングしたいなら…

クレジットカードが使えなくなると、何かと不便が多いですよね。ショッピングのときにカード決済できなくなると、困る人も多いと思います。

 

そんな方におすすめなのが、デビットカードを利用することです。デビットカードとは、クレジットカードのように決済に使えるカードで、決済と同時に銀行口座から引き落としされる仕組みになっています。

 

銀行口座があれば債務整理中でも作れるカードで、クレジットカードと同じように支払いができます。カード決済できるけど、借金するわけではないんですね。

 

債務整理後もショッピングでのカード決済をしたいなら、デビットカードを利用することがおすすめです。