債務整理における弁護士と司法書士の違いは何だろう?

債務整理したいと考えたとき、「弁護士と司法書士のどちらに相談すればいいんだろう…」と、悩むことがありますよね。

 

一般的に、依頼する費用は司法書士の方が安く設定されているので、金額面ではメリットが大きいように感じるかもしれません。

 

しかし、弁護士と司法書士では、裁判所での手続きや権限に大きな差があります。費用が安いという理由だけで相談先を決めてしまうと、後悔することも。

 

今回は、弁護士と司法書士のどちらに相談・依頼した方がいいのか、解説します。

任意整理・過払い金返還

任意整理手続きでは、弁護士と司法書士のどちらに依頼しても、それほど大きな違いはありません。

 

しかし、金利の引き直し計算によって、1社あたり140万円以上の過払い金が発生したとき、司法書士は裁判所で交渉することができません。

 

なぜなら、司法書士には訴訟代理権に制約があり、地方裁判所で交渉や訴訟することができないからです。

 

一方、弁護士には過払い金の金額による制限はありません。過払い金がいくらであっても交渉や訴訟ができるし、債務者の代理人として活動することができます。

 

ですから、司法書士に依頼していて過払い金が140万円を超えた場合、弁護士に依頼しなおす必要が出てきます。

個人再生・自己破産

個人再生や自己破産の手続きの場合、債務者の代理人として地方裁判所で活動できるのは弁護士だけです。

 

申立書類の作成だけでなく、裁判所でのやり取り・申立もできるので、債務者自身が対応に追われることはありません。

 

一方、司法書士は書類作成はできますが、地方裁判所において代理人として活動できる代理権がありません。なので、裁判所での対応は債務者本人が行わなければなりません。

 

また、弁護士の代理人であれば利用できる制度を、司法書士は利用できないこともあります。例えば、自己破産の手続きをするとき、弁護士は即日面接を利用することで、手続き期間を短くすることができます。

 

管財事件になったときも少額管財手続きを利用できるので、手続きを簡略化して申立費用を抑えられます。

 

しかし、司法書士は「即日面接」や「少額管財手続き」を利用できないため、手続きの期間が長くなり、裁判所への予納金も高額になることがあります。

 

弁護士より司法書士の方が依頼費用は安いですが、裁判所への予納金は大きくなることが一般的です。

弁護士と司法書士の違い【比較表】

 

弁護士

司法書士

任意整理 依頼できる 依頼できる
過払い金返還交渉 制限なし 140万円以下のみ(1社あたり)
過払い金返還訴訟 制限なし 簡易裁判所での訴訟代理権のみ
個人再生 代理権あり 代理権なし
自己破産 代理権あり 代理権なし

弁護士と司法書士、どちらに依頼すればいい?

もし、1社あたり140万円以上の過払い金がなく、任意整理で処理するのであれば、弁護士や司法書士どちらに相談してもいいと思います。司法書士に依頼することで、1社あたりの費用を安く抑えることもできますよね。

 

しかし、債務総額が大きくて、個人再生や自己破産も手続きも検討しているなら、弁護士の方がおすすめです。

 

弁護士であれば、手続き上のメリットを活かすことができるし、債務者本人の代わりに裁判所で活動できます。債務者の手間や負担も少なく済みます。

 

司法書士に比べて費用は高額になりますが、過払い金返還訴訟も含めて、債務整理のあらゆる状況に対応できるのが弁護士です。もし、債務整理の方法が適切なのかわからないなら、弁護士に依頼する方が確実だと思います。

 

⇒債務整理で借金をどのくらい減額できるか匿名無料で診断する