任意整理による奨学金や教育ローンへの影響とは?

悩む親

 

任意整理を行うと、信用情報機関に事故情報が登録されるため、約5年ほど新たな借入やローンを組むことができなくなります。

 

このため、子供が奨学金を利用できなくなったり、教育ローンの借入ができないのはないかと、不安に思う方も多いようです。

 

子供の進学を控える親にとって、学費は切実な問題ですよね。そこで今回は、以下のトピックについて解説します。

  • 任意整理をすると子供が奨学金を利用できなくなる?
  • 任意整理後に教育ローンを利用できるかどうか?

任意整理をすると子供が奨学金を利用できなくなる?

奨学金とは、家庭の経済的な事情で進学することが難しい学生のために、低金利で学費を貸し出す制度です。

 

借り主の名義は学生本人で、保護者の名義で借りるわけではありません。親が任意整理していても審査に影響はないため、申込み基準をクリアしていれば利用することが可能です。

 

ただし、任意整理をした親が保証人になると、保証審査に通らない場合があります。人的保証を利用するなら、他の親族を頼るしかありません。

 

また、保証人が得られない場合でも、機関保証制度を利用することができます。機関保証制度とは、一定の保証料を支払うことで保証を受けることができる制度です。

 

例えば、日本学生支援機構(JASSO)の奨学金は、両親がいたとしても機関保証制度を利用することが可能です。なので、親の任意整理が理由で、奨学金を利用できないことはないでしょう。

教育ローンも利用できる?

結論から言うと、任意整理して間もないと、教育ローンを利用することは難しいでしょう。

 

教育ローンは継続した収入が要件になるため、子供本人の名義で申し込むことはできません。保護者の名義で申し込むことが一般的です。

 

借入の審査対象になるのは保護者ですから、収入や職業だけでなく信用情報もチェックされます。任意整理によって信用情報機関に事故情報があれば、教育ローンの審査に通らない可能性は高くなるわけです。

 

ただし、任意整理をしたのが5年以上前なら、事故情報が消えているかもしれません。この場合、借り入れる要件をクリアしていれば、教育ローンを利用することが可能です。

まとめ

近いうち、子供が大学や専門学校に進学する予定なら、奨学金や教育ローンの利用を検討している方も多いでしょう。

 

奨学金に関しては、親が任意整理をしていても利用できる可能性は高いです。しかし、教育ローンの場合、信用情報機関に事故情報が掲載されていると、利用することは難しくなります。

 

子供の将来に関わることなので、任意整理をためらう人も多いと思いますが、借金返済が難しくなっているなら専門家に相談してみることをおすすめします。

 

⇒任意整理で借金がどのくらい減額されるか匿名無料で診断する