要チェック!任意整理で銀行口座が凍結されるのはどんなとき?

銀行のATM

 

任意整理をすると、銀行口座が凍結されるケースがあることを知っていますか?

 

銀行口座が凍結されてしまうと、一定期間預金が引き出せなくなります。給与の振込や光熱費などの引き落としで利用しているなら、困った状況になってしまいますよね。

 

では、任意整理で銀行口座が凍結されるのは、どのようなケースなのでしょうか。今回は、以下のトピックについて解説します。

  • 任意整理で銀行口座が凍結されるケースとは?
  • 口座凍結から解除までの期間はどのくらい?
  • 任意整理するときの注意点!
  • 銀行は任意整理の対象から外した方がいい?

任意整理で銀行口座が凍結されるケースは?

任意整理で銀行口座が凍結されるのは、銀行系カードローンを任意整理の対象にしたときです。

 

任意整理するときには、弁護士や司法書士による受任通知(介入通知)が銀行に送られます。これが銀行に届いた時点で、口座が凍結されて利用できなくなります。

 

その後、銀行によって債務者の預金と債務残高が相殺され、保証会社に代位弁済が請求されることになります。

 

代位弁済とは、銀行の保証会社が債務者に代わって銀行に債務を支払う手続きのことです。この間、口座が凍結されたままなので、債務者が預金を引き出すことができません。

 

すべての銀行口座が凍結されるわけではなく、任意整理の対象にした銀行のみ利用できなくなります。

口座凍結から解除までの期間はどのくらい?

銀行や個人の状況によって違いますが、口座凍結から解除までの目安は1〜3ヵ月くらいです。銀行から保証会社に債権の移行が完了したタイミングが多いようです。

 

例えば、給与振込直後に任意整理を開始して、次の給与振込日までに口座の凍結が解除されるケースもあるようなので、長期間に及ぶことは多くありません。

 

ただし、銀行によって対応が違う場合もあり、いつになるか一概にはわかりません。任意整理手続きの進行具合でも、解除時期は変わってきます。

 

この点は、任意整理を依頼する弁護士に確認しながら、手続きや準備を進めた方がいいようです。

銀行を任意整理の対象にするときの注意点

前述したとおり、弁護士による受任通知が銀行に届いた時点で、銀行口座が凍結されてしまいます。

 

なので、銀行カードローンを任意整理の対象にするなら、あらかじめ預金口座の現金を引き出しておくことが大切です。

 

また、光熱費の自動引き落としや給与の振込先になっている場合も、口座先を変更しておく必要があります。預金の引き出しはもちろん、自動引き落としもできなくなるからです。

 

変更し忘れたりすると、光熱費の支払いが滞ってしまうこともあるので要注意。普段の生活に影響がないように準備してから、任意整理の手続きを進めましょう。

銀行は任意整理の対象から外した方がいい?

給与の振込口座が指定されている会社もあるため、任意整理の対象から外したいと考える方もいますよね。

 

もし、銀行への債務残高が少額で毎月の返済に大きな影響がないなら、対象から外して口座凍結を回避するのも一つの手だと思います。

 

しかし、債務残高が多額なら、任意整理の対象にした方がいいでしょう。なぜなら、将来利息のカットという任意整理の恩恵を受けることができないからです。

 

任意整理は借金元本の返済を3年間続ける必要があります。借金元本が多額なら、利息の支払いも大変になるため、途中で返済が滞る可能性も出てきます。

 

どのように借金整理すべきか、1人だけで判断するのは難しい場合があります。弁護士や司法書士などの専門家に相談して、あなたに最適な返済計画を立てるようにしましょう。