任意整理するとローンが残る車はどうなるのか、解説します!

自動車

 

任意整理をするとき、ローンが残っている車がどうなるのか、気になっていませんか?

 

車がなくなると生活が不便になったり、仕事に支障が出る場合もあります。任意整理するにしても、「どうしても車は残したい」という方も多いですよね。

 

そこで今回は、任意整理とローンが残っている車についてご紹介します。

任意整理によってローンが残る車はどうなる?

車の所有権がローン会社にある場合、信販会社のローンを任意整理の対象にすると車をローン会社に引き上げられます。

 

しかし、任意整理は交渉する対象を選ぶことができるので、ローン会社を任意整理の対象から外せば、車を手放すことなく借金問題を解決できます。

 

ただし、ローンの支払い額が大きい場合は、任意整理を慎重に検討する必要があります。

 

というのも、任意整理では借金の元本が減らないので、借金の返済も続けなくてはならないからです。

 

車のローンと借金の元本を支払える収入があれば問題ありませんが、場合によっては後々支払えなくなり、再び債務整理をすることになってしまいます。

 

この場合、個人再生や自己破産に移行することになりますが、余計な費用や手間がかかり、生活再建を妨げてしまうこともあるわけです。

 

任意整理で車のローンを残すかどうか、依頼する弁護士や司法書士としっかり相談する必要があります。

任意整理後に車のローンは組める?

では、任意整理後に車を購入する場合、ローンを組むことはできるのでしょうか?

 

任意整理を行うと、信用情報機関に任意整理をした情報が登録されます。

 

この事故情報が残る約5年間は、新しくローンを組むことができません。というのも、銀行や信販会社がローン審査時に、信用情報をチェックするからです。

 

したがって、車をローンで購入したい場合は、約5年間待ってから購入する必要があるようです。

 

5年ほど経過して個人信用情報から事故情報がなくなれば、任意整理に関係なく車のローンを組むことができます。

 

まずは、借金の返済を優先して、車の購入に向けて頭金を貯めておくのがベストな判断だと思います。

まとめ

任意整理を行うと約5年間は借金することができなくなるので、車のローンも利用できません。どうしても車が必要な場合は、現金一括で購入できる中古車を購入しましょう。

 

このことで不便に感じる方もいるかもしれませんが、まずは残っている借金の元本返済を優先して、債務がない生活を目指しましょう。