任意整理後にアパートやマンションの賃貸契約はどうなる?

賃貸契約書にサインしている人

 

任意整理するとき、アパートやマンションの賃貸契約が気になりませんか?

 

保証人がいない人は、アパートを借りるときに保証会社を利用する必要があります。任意整理後でも保証会社の審査を通過できるか、心配しているのではないでしょうか?

 

そこで今回は、任意整理後のアパートやマンションの賃貸更新についてご紹介します。

任意整理したあとに賃貸契約を結べる?

任意整理をすると、信用情報機関に事故情報が掲載されます。このため、アパートやマンションの賃貸契約ができないと思う方もいるようです。

 

しかし、不動産会社やアパートの大家は、賃貸契約の審査時に信用情報を照会できないので、任意整理したということを知りません。ですから、賃貸の審査要件を満たしていれば、任意整理後でも賃貸契約を結ぶことができます。

 

では、今、借りているアパートの賃貸契約を更新できないときはあるのでしょうか?

 

基本的に家賃の支払いが滞っていなければ、賃貸の契約は更新できます。

 

契約更新できない可能性があるのは、毎月の賃貸支払いが滞っているときです。毎月の支払いがしっかりしていれば、追い出されることはないでしょう。

 

しかし、家賃の支払いがカード決済の場合は注意が必要です。というのも、そのカード会社を任意整理の対象にすると、クレジットカードでの家賃の引き落としができなくなるからです。

 

家賃の支払いが滞った結果、契約更新ができなくなることがあります。任意整理をするとき、この点について弁護士や司法書士と相談しておいた方がいいでしょう。

保証会社によっては審査に落ちることも?

基本的に任意整理しても賃貸契約することはできますが、保証会社を利用していると審査が通らないことがあります。

 

それは、保証会社が信販系(カード会社)のときです。例えば、以下のような金融会社です。

 

主な金融会社はこちら
  • アプラス
  • エポスカード
  • オリエントコーポレーション
  • ジャックス
  • セゾン
  • セディナ
  • ライフ

 

ほとんどの保証会社は信用情報を見ることができませんが、信販系(カード会社)の保証会社は個人信用情報を照会できます。

 

カード会社の判断にもよりますが、任意整理をした情報が掲載されていると、賃貸審査に落ちてしまうことがあるようです。(任意整理の事故情報は約5年間掲載されます)

 

信販系以外の保証会社であれば、要件を満たせば審査に通ります。しかし、信販系の保証会社の場合は、審査に落ちる可能性があるかもしれません。

 

⇒任意整理で借金がどれくらい減額されるか匿名無料で診断する