過払い金返還請求の相談!弁護士と司法書士どちらがおすすめ?

悩む男性

 

過払い金返還請求するとき、弁護士と司法書士のどちらに依頼すべきか、悩んでいませんか?

 

個人で過払い金請求するためには、専門的な知識が必要です。訴訟に発展する可能性も高いので、弁護士や司法書士に依頼したいと考えている方も多いでしょう。

 

では、過払い金返還請求を依頼する場合、弁護士と司法書士のどちらが良いのでしょうか? 今回は、過払い金請求における弁護士と司法書士の違いについてご紹介します。

弁護士と司法書士の報酬費用について

過払い金返還請求でかかる報酬費用は、弁護士・司法書士ともに着手金・基本報酬・過払い金返還報酬で構成されています。

 

ネット上で依頼費用を公開している弁護士・司法書士事務所のHPを確認して、費用の相場をまとめました。

 

債権者1社あたりにかかる費用

 

弁護士

司法書士

着手金 0〜2万円 なし
基本報酬 2万円前後 0〜2万円
過払い金返還報酬 回収額の20〜25% 回収額の20%前後


司法書士の場合、着手金が発生する事務所は多くありません。基本報酬は約2万円が相場で、基本報酬を取らない事務所もいくつかありました。

 

また、過払い金返還報酬は、回収に成功した金額の20%前後に設定している事務所が多かったです。

 

一方、弁護士の場合は、着手金・基本報酬ともに約2万円が相場で、過払い金返還報酬は20〜25%に設定している事務所が一般的です。

 

中には、着手金を取らない事務所もあり、弁護士によって方針は違うようです。

 

報酬が安いのは司法書士の方ですが、弁護士によっては着手金をとらない事務所もあり、大きな差はないと思います。

過払い金請求における弁護士と司法書士の違いは何?

では、過払い金請求における弁護士と司法書士の違いは何でしょうか?

 

弁護士は訴訟代理権に制限がないので、争点になる過払い金がいくらであっても、依頼者の代理人として対応できます。

 

しかし、司法書士には、過払い金の金額によって訴訟代理権に制限があります

 

司法書士が債務者の代理人として訴訟することができるのは、1社あたりの過払い金が140万円以下の場合です。

 

過払い金が140万円を超えると、地方裁判所での争いになりますが、司法書士には地方裁判所における訴訟代理権がありません。つまり、140万円を超えると和解交渉ができないので、債務者本人が裁判所に行く必要があるわけです。

 

また、過払い金が140万円以下でも、貸金業者が裁判判決に不服があり控訴した場合、控訴審は地方裁判所での審理になります。

 

前述したとおり、司法書士は地方裁判所において代理交渉できないので、本人が対応するか、弁護士に再依頼する必要があります。

結論!過払い金請求を依頼するなら…

過払い金の回収に妥協したくないのであれば、弁護士に依頼すべきでしょう。

 

というのも、弁護士は過払い金の請求額によって訴訟代理権が制限されないので、どのような事案でも依頼人の代理で対応できるからです。

 

裁判上の争点がある場合、140万円以下であっても積極的に控訴を行う貸金業者もあります。この場合、司法書士だと依頼者の負担が大きくなってしまいます。

 

ですから、訴訟代理権に制限のない弁護士に依頼するほうが、労力・費用面でメリットが多いでしょう。