自己破産によって家族や財産にどんな影響があるの?

大人と子供の手

自己破産して免責が確定すると、債務者の借金はなくなるので、経済的に再生するための一歩を踏み出せます。

 

しかし、「自己破産後は家族に督促が行くようになるんじゃないか…」と、不安に思う方もいますよね。家族に悪影響があるなら、自己破産をためらってしまうこともあるでしょう。

 

そこで今回は、以下のトピックについて解説します。自己破産によって家族にどのような影響があるのか知りたい方は、チェックしてみてください。

  • 自己破産しても家族に迷惑はかからない?
  • 配偶者(夫・妻)の財産はどうなる?
  • 子供の就職や結婚に影響する?
  • 家族に内緒で自己破産できる?

自己破産しても家族に迷惑がかからない?

自己破産するのは借金している本人だけの問題で、配偶者や子供は関係ありません。つまり、自己破産すること自体が、家族に影響することはないんですね。

 

しかし、家族がローンの保証人(連帯保証人)になっているなら、自己破産の影響が及びます。

 

というのも、債務者本人が免責を受けても、保証人の支払い義務が消えるわけではないからです。家族が保証人になっているなら、借金を支払わなければいけません。

 

借金している本人が自己破産すれば、債権者(貸金業者)は保証人に一括返済を求めます。支払うことができないなら、家族も自己破産を検討する必要があります。

配偶者(夫・妻)の財産はどうなる?

破産の効力が及ぶのは、申立てを行った本人だけです。なので、配偶者(夫・妻)の財産が処分されることはありません。

 

例えば、結婚前から預金や資産を持っている場合、結婚後も固有の財産として認められるため、配偶者の財産は守られます。

 

しかし、結婚後に形成された貯蓄などは、配偶者名義であっても処分される可能性があります。というのも、破産者本人が得た収入を、単に配偶者名義で貯蓄していることがあるからです。

 

つまり、実質的に破産者の収入である場合は、配偶者名義の預金であっても、破産の効力が及ぶことがあるわけです。

 

ただ、財産形成においては配偶者の貢献度が認められるため、すべての財産が処分されるわけではありません。裁判所によってケース・バイ・ケースで判断され、破産者の財産が処分されることになります。

 

なお、生活に欠かせない家財道具や生活必需品が処分されることはないので、この点は安心してください。

子供の就職や結婚に影響する?

「子供の就職や結婚に影響するんじゃないか…」このように考えて自己破産をためらう方もいますが、子供には何の影響はありません。

 

例えば、子供が進学や就職するとき、家族に自己破産者がいるかどうか調べられることもありません。

 

また、破産したことは戸籍や住民票に載ることもないため、子供が結婚するときに自己破産が他人に知られることもありません。

 

親の自己破産が子供の将来に影響を与える可能性は、ほとんどないと言っていいでしょう。

家族に内緒で自己破産できる?

自己破産を弁護士に依頼すれば、弁護士が代理で活動してくれるので、債務者の負担はほとんどありません。

 

同時廃止の手続きなら、免責許可の審尋のときだけ裁判所に行けばいいだけです。自己破産の手続き後は、弁護士に任せておけばいいので、手間も多くありません。

 

裁判所に提出する書類を家族に秘密で集めるのは大変ですが、バレないように自己破産することは不可能ではありません。弁護士に伝えれば、協力してくれる法律事務所もあるようです。

 

ただし、家族に保証人がいる場合は、保証人が債務の支払いをしなければなりません。このときは自己破産することを家族に伝えて、弁護士に一緒に相談することをおすすめします。