自己破産すると連帯保証人(保証人)にどんな影響があるんでしょうか?

自己破産するとき、連帯保証人にどのような影響があるのか気になりますよね。

 

自己破産すると債務者本人の支払い義務は免除されますが、連帯保証人の支払い義務も免責されるのでしょうか?

 

今回は、自己破産による連帯保証人への影響についてご紹介します。

連帯保証人に支払い義務はある?

結論から言うと、借金をした本人(主たる債務者)が自己破産の免責を受け、借金の支払い義務が免除されても、連帯保証人の返済義務はなくなりません

 

というのも、連帯保証人が保証契約を結んでいるのは借金をした本人ではなく、お金を貸している債権者(貸金業者)だからです。

 

保証人とは債務者が支払いできなくなったときに、その人に代わって債務を負う約束をした人ですが、その契約は貸金業者との間で交わされるんですね。

 

ですから、借金をした本人が自己破産したとしても、債権者との保証契約が無効になるわけではありません。連帯保証人はその人の代わりに借金を支払う必要があります。

連帯保証人(保証人)も債務を支払えないときはどうなる?

貸金業者は自己破産で借金した本人に返済を請求できなくなると、連帯保証人(保証人)に一括返済を請求します。

 

連帯保証人は債務者のかわりに借金を返済しなければなりませんが、連帯保証人も債務を支払えないときがありますよね。

 

このような場合は、連帯保証人も保証債務の整理を考えなければなりません。債務者と同じように債務整理をする必要があるわけです。

 

ですから、自己破産を検討しているなら、事前に連帯保証人に事情を話して、対策を立てることが大切です。

連帯保証人(保証人)の求償権はどうなる?

通常、連帯保証人が貸金業者に支払った金額は、その債務者に対して請求することができます。

 

このように債務者の代わりに、債権者に支払った分を返してもらう権利を求償権と言いますが、主たる債務者が自己破産している場合、保証人は求償権を行使することができません。

 

というのも、債務者の支払い義務は、自己破産手続きによって免責されているからです。

 

以上のことからわかるように、自己破産すれば連帯保証人には大きな影響があります。話にくいとは思いますが、前もって相談しておくことが必要でしょう。

 

連帯保証人にできるだけ迷惑をかけないためにどうすればいいか、弁護士に相談することをおすすめします。