消滅時効の援用と中断を解説します!

借金に時効があることを知ってましたか? 貸金業者からの借金があったとしても、支払いをせず一定期間経過した場合、時効が成立する可能性があります。

 

しかし、時間が立てば自動的に借金の時効が成立するわけではありません。借金の消滅時効を主張する必要があります。

 

今回は、借金の消滅時効についてご紹介します。また、借金を放置して踏み倒すことができるかどうか解説します。

消滅時効って何?

消滅時効とは、債権者に借金を返済するように請求せずに一定期間経過した場合に、債権者の請求権を消滅させるという制度です。

 

金融機関や貸金業者の場合、商法の消滅時効の規定が適用されるので、借金の消滅時効は5年間です。つまり、貸金業者に対して最後に支払いしてから5年間経過した場合、消滅時効にかかります。

 

消滅時効の成立によって借金を法的にゼロにすることができますが、自動的に時効が成立して借金がなくなるわけではなく、「消滅時効の援用」をする必要があります。

 

消滅時効の援用とは、借金の時効で借金がなくなっていることを主張することです。「時効になったので、借金を支払いませんよ」と債権者に意思表示するわけです。

 

  • 最後の支払いから、5年間経過している
  • 消滅時効の援用を行う

 

上記の2つが成立して初めて、借金の時効が成立します。

消滅時効が中断されることもある!

借金の時効が成立すると、金融機関や貸金業者は借金を返済してもらう権利を失ってしまいます。

 

このとき、債権者は時効を食い止めることができます。例えば、支払い督促の申立などの裁判上の請求や、差し押さえ処分です。

 

また、消滅時効になっているときに、債務者が少額でも借金を返済することも債務の承認となります。消滅時効が中断され、時効の期間が延長されます。

 

  • 債権者から裁判上の請求がある
  • 債権者から差し押さえ等をされる
  • 借金があることを認める(債務の承認)

 

これらが実行されると、時効が中断されて、また一から計算されることになります。

 

最後の返済から5年間で消滅時効にかかるため、債権者はその期間が経過する前に裁判を起こし、時効にならないよう中断を図るわけです。

借金の放置はNG!踏み倒すことは難しい

「借金には時効があるから、そこまでなんとか粘ろう…」このように考える人がいるかもしれませんが、時効が成立することは多くありません。

 

前述したように、借金の時効が成立する前に訴訟を起こされ、時効中断の手続きを取られることが多いためです。

 

貸金業者もみすみす債権を放棄するわけがないので、借金の踏み倒しは難しいのが現状です。

 

また、借金の返済が遅れれば、遅延損害金も払わなければなりません。放置すればするほど借金総額も増えてしまうし、強制執行が行われれば財産を差し押さえられてしまうこともあります。

 

貸金業者から訴訟を起こされると、債務整理を行うときに有利な条件で債権者と話し合いすることが難しくなる場合もあります。

 

借金放置による強制執行の流れ
  1. 借金返済の取り立てや催促の電話がかかってくる
  2. 返済計画を相談する名目で、自宅に来る
  3. 債権者から督促状が送られてくる
  4. 訴えられて、裁判所から支払い督促が送られる
  5. 強制執行が行われる

まとめ

最後の借金支払いから5年間経過すると、消滅時効の援用を行うことができます。その結果、借金の時効が成立して、債権者への支払い義務はなくなります。

 

しかし、金融業者が何もせずに、時効が成立することはほとんどありません。消滅時効の中断手続きが取られる場合が多いため、時効は成立しにくいのが現実です。

 

この間に何もしなければ借金は増え続けるため、根本的な借金解決はできません。債権者から訴訟を起こされると、裁判所から支払い督促が送られてきて、放置していた分の借金と利息に加えて、遅延損害金を請求されます。

 

借金を放置すればするほど返済額も膨らみつづけるので、債務者の負担はますます大きくなってしまいます。

 

もし、借金の返済が厳しくなったら、そのまま放置しないで早めに債務整理の相談することをおすすめします。

 

⇒債務整理で借金をどのくらい減額できるか匿名無料で診断する

 

関連ページ

債務整理すると借金の取り立て・催促は止まる?
貸金業者からの取り立てや催促でお困りのあなたへ。ここでは、債務整理を行うと、借金の取り立てがどうなるのか解説しています。
自己破産だけじゃない!債務整理の3つの種類とは?
借金を合法的に整理することを債務整理と言いますが、その方法は自己破産だけではありません。今回は、債務整理の3つの種類とそれぞれの特徴についてご紹介します。
債務整理の相談!弁護士と司法書士どちらに依頼すべき?
債務整理するとき、弁護士と司法書士のどちらに相談すべきか、迷っていませんか? ここでは、弁護士と司法書士の違いについて解説しています。
債務整理のデメリット!日常生活にどんな影響がある?
債務整理は合法的に借金整理を行うことができます。多重債務で借金返済ができなくなった人にとって大きなメリットがありますが、日常生活する上でどんなデメリットがあるのでしょうか?
マイナンバー制度導入で債務整理が会社や他人にバレる?
平成28年度から導入されるマイナンバー制度。マイナンバーから債務整理をすることが、家族や会社にバレることがあるのでしょうか。ここでは、マイナンバー制度と債務整理の関連性についてご紹介します。
債務整理でクレジットカードを残すことはできる?
「債務整理するとクレジットカードが全部使えなくなるのかな…」と不安に思っていませんか? 選択する債務整理の方法によって、クレジットカードの扱いに違いがあります。ここでは、債務整理とクレジットカードについて解説します。
債務整理した後に携帯電話を分割払いで契約できる?
携帯電話を新規契約するとき、機種代は分割で購入したいですよね。では、債務整理をした人が、携帯電話を分割払いで契約できるのでしょうか?
住宅ローンが残る家を手放さずに債務整理できる?
債務整理をするとき、住宅ローンの支払いが残る家を、処分する必要があるのか、心配ですよね。債務整理は選択する手続きで、住宅ローンの扱いが変わります。ここでは、債務整理と住宅ローンについて説明します。
債務整理すると結婚後の生活に影響ある?ローンは組める?
結婚前に債務整理して、借金を無くしたいと考えていませんか? ここでは債務整理をしたとき、結婚後の生活にどんな影響があるのか、またローンが組めるかどうか、についてご紹介します。
家族(夫・妻)に内緒で債務整理できる?バレる可能性はある?
債務整理したいけど、家族(夫や妻)にバレるのが不安な方も多いですよね。誰にも知られずに債務整理できれば一番ですが、家族に内緒で処理することはできるのでしょうか?
任意整理と個人再生の違いとは?
任意整理と個人再生の違いがわからなくて、困っていませんか? ここでは、4つのポイントに絞って、それぞれの違いを解説しています。債務整理を検討しているなら、是非チェックしてくださいね。