個人再生の再生計画案が不認可になる7つのケースとは?

個人再生の手続きでは、再生計画案の認可を裁判所に確定してもらうことが目的になります。

 

再生計画案が確定すれば、借金総額が大幅に圧縮されて、毎月の返済もかなり楽になります。住宅ローンを支払いながら、債務整理できるメリットもあります。

 

とはいえ、再生計画案は必ず認可を受けられるわけではなく、不認可の決定がされてしまうことがあるんです。

 

では、どのようなケースが不認可事由に当てはまるのでしょうか?

個人再生の再生計画案が不認可になるケースとは?

個人再生の手続きには、小規模個人再生と給与所得者再生の2つの方法があります。共通して不認可事由にあたるのは、以下の7つのケースです。

 

  • 再生手続又は再生計画に重大な法律違反がある
  • 再生計画遂行の見込みがないこと
  • 再生計画の決議が不正の方法によって成立したこと
  • 再生計画の決議が再生債権者の一般の利益に反すること
  • 住宅ローン特則を定める申立をしたのに、再生計画案で条項の定めがない
  • 無担保の再生債権総額が5000万円を超えること
  • 最低弁済額を下回っているとき

 

また、小規模個人再生には、上記の不認可事由に加えて2つのケースが当てはまります。

小規模個人再生における不認可事由について

1.将来において継続的な収入を得る見込みがない

個人再生では、最低弁済基準額に基いて借金総額が減額されるものの、原則として3年間は債務の支払いを続ける必要があります。

 

住宅ローン特則を利用するなら住宅ローンも加わるので、一時的な収入では返済できなくなる可能性もあるわけです。

 

ですから、継続的な収入が見込めないと裁判所が判断した場合、再生計画案が不認可になる場合があります。

2.債権者の過半数が反対をした場合

小規模個人再生の場合、再生計画案の認可を得るために、債権者の消極的同意が必要です。

 

消極的同意とは、債権者の過半数が再生計画案に反対しなければ、同意したこととみなすという考え方です。つまり、債権者の過半数が再生計画案に同意しない場合は、不認可になってしまいます。

 

一方、給与所得再生は債権者の意見聴取があるだけで、消極的同意は必要ありません。

まとめ

個人再生の手続きは、よほどの理由がないかぎり再生計画案に反対されることはありません。また、弁護士に依頼して個人再生を進めれば、不認可事由に当てはまることもないでしょう。

 

もし、個人再生を検討しているなら、どのくらい借金が減額するか弁護士に相談してみることをおすすめします。

 

⇒個人再生で借金がどのくらい減額するのか匿名無料で診断する

 

関連ページ

個人再生に必要な条件|無職やアルバイトも選択できる?
無職やアルバイトでも個人再生を選択できるかどうか疑問に思っていませんか?ここでは、個人再生手続きをする上で、必要な条件について解説しています。
個人再生の手続きの流れ
個人再生では、裁判が介入して債務整理の手続きが進められますが、具体的にどのような手順で行われるのか、よく知らない方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、個人再生の手続の流れについてご紹介します。
個人再生にかかる期間〜申立から借金返済までのスケジュール
ここでは、個人再生にかかる期間について解説しています。個人再生手続きの申立から再生計画案の認可までと、その後の返済スケジュールをご紹介します。
小規模個人再生と給与所得者再生の違いとは?
個人再生の手続きには2つの方法があり、再生計画案を作成する上で、支払額も変わります。ここでは、小規模個人再生と給与所得者再生の違いをそれぞれご紹介します。
個人再生の手続きに必要な書類とは?
個人再生の手続きを開始するためには、裁判所に申立書を提出する必要があります。ここでは、裁判所への申立で必要になる書類や資料についてご紹介します。
個人再生手続きのメリットとデメリットとは?
借金の元本を減額できる個人再生手続き。住宅ローンを残しながら、債務整理できる方法なので、検討されている方も多いですよね。今回は、個人再生のメリットとデメリットについてご紹介します。
個人再生で借金はいくら減る?最低弁済額と清算価値保証の関係
個人再生は法律に基いて、借金が圧縮される方法ですが、最低限支払うべき金額は決められており、清算価値保証の原則も定められています。ここでは、個人再生で借金がいくら減額されるか調べました。
個人再生にかかる弁護士費用と予納金の相場は?
個人再生の手続きには、弁護士費用だけでなく、裁判所への予納金も必要になります。ここでは、個人再生の弁護士費用と予納金についてご紹介します。個人再生でかかる費用の相場は、いくらなのでしょうか?
個人再生の住宅ローン特則について
個人再生では、住宅ローン特則を利用することで、債務を残したまま債務整理できます。ただし、利用するための条件があるので注意が必要です。ここでは、個人再生と住宅ローン特則についてご紹介します。
住宅ローンを滞納中でも住宅ローン特則を利用できる?
借金返済がきつくなったとき、住宅ローンを滞納してしまう方がいますよね。個人再生の手続きでは、住宅ローン特則を利用すれば、家を残して債務整理できます。では、住宅ローンを滞納中でも住宅ローン特則を利用できるのでしょうか?
個人再生をすると車は処分される?
個人再生の手続きを行うと、車が処分されるのではないか、心配ですよね。自動車がないと、仕事や日常生活で困ることもあると思います。ここでは、個人再生の手続きによって車がどうなるか、解説しています。
偏頗弁済があると個人再生や自己破産手続きはどうなる?
支払不能になったときに特定の債権者に返済をする偏頗弁済(へんぱべんさい)。裁判所によって偏頗弁済があると見なされると、個人再生や自己破産手続きで問題になることがあります。
個人再生と自己破産の違い!チェックすべきポイントとは?
ここでは、個人再生と自己破産の違いについて解説しています。手続きを選択する上で、チェックすべきポイントをご紹介。どちらを選択すべきか迷っている方は、参考にしてください。