個人再生でよくある疑問や悩みをご紹介します!

個人再生とは、裁判所が関与して、法律で定められている最低弁済基準額を基準に、借金を減額する手続きです。

 

資産を処分せずに債務整理できる方法で、住宅ローンが残っている場合も、住宅ローン特則を利用することで、処分せずに払い続けることができます。

 

自宅を残しながら借金を圧縮できるので、債務者にとってメリットも大きいですが、手続きが複雑でわかりにくい点も多い方法になります。

 

ここでは、個人再生の手続きでよくある疑問や悩みについてご紹介します。

個人再生|債務整理ガイド【借金返済できない悩みを解決】記事一覧

債務を圧縮できるだけでなく、資産を残したまま借金を整理できる個人再生。この手続き利用するためには、裁判所に申立てを行い、再生計画案を認可してもらう必要があります。しかし、個人再生手続きを選択するためには、いくつかの要件をクリアする必要があります。収入がない無職やアルバイトでも、個人再生を利用できるのでしょうか?個人再生手続きに必要な条件とは?個人再生の申立には、主に2つの要件をクリアする必要があり...

個人再生では、裁判が介入して債務整理の手続きが進められる方法です。他の債務整理に比べて、用意する書類も多く期間も長くなるため、手続きの流れがよくわからない方もいるかもしれません。そこで今回は、個人再生の手続きの流れについて、詳しくご紹介します。個人再生の手続きの順序とは?個人再生の手続きは、以下の流れで行われます。1.個人再生の申立2.個人再生委員の選任3.再生手続き開始決定4.個人再生委員との面...

裁判所を通して借金の整理を行う個人再生。裁判所への提出書類も多いため、他の債務整理に比べると手続きにかかる期間も長くなります。では、個人再生にかかる期間は具体的にどのくらいでしょうか。今回は、個人再生手続きの申立から借金完済までのスケジュールをご紹介します。今回ご紹介するトピック個人再生の申立から再生計画案の認可までの期間再生計画案の認可から借金完済までの期間個人再生の申立から再生計画案認可までの...

「小規模個人再生と給与所得再生は何が違うんだろう…」こんな疑問を持っていませんか?個人再生には小規模個人再生と給与所得再生という2つの種類があり、手続きによって再生計画案における支払額が変わってきます。個人再生のメリットを活かすためにも、小規模個人再生と給与所得等再生についてしっかり確認しておくことが大切です。そこで今回は、小規模個人再生と給与所得再生の違いについてご紹介します。小規模個人再生と給...

個人再生の手続きを開始するためには、裁判所に申立書を提出する必要があります。このとき、事実を裏付ける証拠として、様々な書類・資料が求められます。これらの書類に不備があると手続きは開始されないので、申立前にしっかり揃えておく必要があります。ここでは、個人再生手続きで必要になる書類や添付資料について解説します。個人再生の開始申立書まず、個人再生の申立で必要になるのは、再生手続開始申立書です。再生手続開...

個人再生は裁判所を通して、借金を減額する債務整理の手続きです。借金の元本を大幅に減らすことができるので、債務者にとって大きなメリットがありますが、デメリットもいくつかあります。今回は、個人再生手続きにおけるメリットとデメリットをご紹介します。個人再生のメリット借金を大幅に減額できる任意整理では、利息制限法による金利引き直し計算で借金額を減らすことができますが、利息制限法に基づいた金利で返済していた...

「個人再生の手続きを選択すると、借金っていくら減るんだろう…」こんな疑問がありませんか?個人再生は、任意整理に比べて借金の圧縮率が大きく、債務者にとって大きなメリットがある手続きです。とはいえ、借金の最低返済額には基準があり、清算価値保証の原則も定められています。無条件で債務が圧縮されるわけではないんですね。今回は、個人再生の最低弁済額と清算価値保証の原則についてご紹介します。最低弁済額の基準とは...

個人再生の手続きは、裁判所を介して行われるので、弁護士費用だけでなく裁判所への予納金も必要になります。債務整理の中では、比較的に費用が高くなる手続きなので、弁護士費用や予納金の相場がいくらなのか気になりますよね。そこで今回は、個人再生手続きにかかる弁護士費用や予納金の相場についてご紹介します。個人再生の申立費用と予納金個人再生の申立をするためには、裁判所への申立費用が必要になります。まず、申立手数...

個人再生では、住宅ローン特則(住宅資金貸付債権の特則)を利用することで、自分の家を残したまま債務整理することができます。しかし、住宅ローン特則は誰もが利用できるわけではなく、いくつかの条件を満たす必要があります。その条件とは何でしょうか?まずは、住宅ローン特則についてご説明します。住宅ローン特則って何?住宅ローンを組むとき、一般的に不動産には抵当権が設定されます。抵当権とは、債権を優先的に回収でき...

「住宅ローンを滞納していても、個人再生の手続きで家を残せるのかな…」と疑問に思っていませんか?個人再生では、住宅ローン特則(住宅資金貸付債権の特則)を利用することで、住宅ローンを支払いながら借金整理できます。ただし、住宅ローンの支払いを滞納している場合、特則を利用できない場合があるので注意が必要です。では、住宅ローン特則を利用するための条件とは何でしょうか?住宅ローン滞納中に、特則を利用するための...

「個人再生の手続きをすると、車は処分されてしまうのだろうか…」あなたには、このような不安がありませんか?仕事でどうしても必要だったり、地方に住んでいて日常生活に不可欠な場合、車がなくなってしまうと困りますよね。個人再生の手続きをしたいけど、車は手元に置いておきたい方も多いと思います。そこで今回は、個人再生の手続きによって車がどうなるか、解説します。個人再生の手続きで車はどうなる?自己破産する場合、...

友人や親族からの借金があると、債務整理をする前に優先的に返済したいと思いますよね。しかし、個人再生や自己破産の申立をする前後に特定の債権者に返済を行うと、裁判所に偏頗弁済(へんぱべんさい)とみなされます。偏頗弁済とは、支払い不能の状態になったあとに、特定の債権者にだけ優先的に返済を行う行為を言います。もし、悪質な偏頗弁済により「不当な目的がある」と判断されると、個人再生や自己破産の申立ができなくな...

個人再生の手続きでは、再生計画案の認可を裁判所に確定してもらうことが目的になります。再生計画案が確定すれば、借金総額が大幅に圧縮されて、毎月の返済もかなり楽になります。住宅ローンを支払いながら、債務整理できるメリットもあります。とはいえ、再生計画案は必ず認可を受けられるわけではなく、不認可の決定がされてしまうことがあるんです。では、どのようなケースが不認可事由に当てはまるのでしょうか?個人再生の再...

個人再生と自己破産は、どちらも裁判所を通して借金を整理する方法です。手続きが重なる部分もありますが、大きく違う点もあります。今回は、個人再生と自己破産の違いについて、4つのポイントに絞って解説します。どちらの手続きを選ぶか迷っているなら、チェックしてみてください。1.手続きの要件個人再生では、法律で定められた額に借金を減額できますが、約3年間は支払いを継続しなければなりません。ですので、個人再生手...