過払い金返還請求とブラックリストについて解説します!

ブラックリスト

 

借金返済が遅れたり債務整理を開始すると、信用情報機関に事故情報が登録されます。

 

このように、個人の信用情報がデータベースに登録されることを「ブラックリストに載る」と言い、5〜10年間くらい貸金業者から借入ができなくなります。

 

債務整理には3つの手続きがありますが、どの方法でもブラックリストに載ってしまいます。このため、過払い金返還請求するとブラックリストに載ってしまうのではないか、不安に思う方も多いようです。

 

借金完済後であっても、過払い金返還請求によってブラックリストに載ってしまうのでしょうか?

借金完済後に過払い金請求するとどうなる?

借金を完済している場合、過払い金返還請求を行っても、ブラックリストに載ることはありません。

 

というのも、信用情報は支払い能力に関する個人情報であり、過払い金請求とは関係ないからです。

 

以前は、過払い金返還請求すると「契約見直し」などの情報が、ブラックリストに載ることがありました。この結果、借金完済後でも過払い金返還請求することをためらう方も多かったようです。

 

しかし、2010年4月19日以降は、金融庁の通達によって、過払い金請求の履歴が登録されないようになっています。

 

なので、借金完済後に過払い金請求をしても、事故情報が登録されてブラックリストに載ることはありません。

借金返済中に過払い金請求しても大丈夫?

では、借金返済中に過払い金返還請求するときはどうなるのでしょうか?

 

金利の引直計算を行った結果、返済中の債務がなくなり過払い金が戻ってくる場合は、ブラックリストに載ることはありません。

 

発生した過払い分を借金の元本に充当すれば、借金自体がなくなるからです。借金完済という扱いになるわけです。

 

しかし、返済している債務がなくならない場合、任意整理になります。借金の元本は減額されて借金返済は楽になりますが、債務整理という事故情報がブラックリストに載ってしまいます。

 

つまり、過払い金請求によって債務がなくなるなら問題ありませんが、債務が残ってしまうとブラックリストに載ることになります。

 

ブラックリストに載るのが困る場合は、過払い金がいくら発生するのかを確認して、債務がなくなる金額まで請求しない方がいいでしょう。

まとめ

借金返済後の過払い金返還請求では、ブラックリストに載ることはありませんが、借金の返済中は注意が必要です。

 

借金返済中に過払い金請求するなら、過払い金の分で残っている債務がなくなるかどうかシュミレーションしてから行うのがいいでしょう。

 

⇒過払い金請求で借金がどのくらい減額できるか匿名無料で診断する

 

関連ページ

過払い金請求の手続きの流れ!期間はどのくらい?
「過払い金返還請求って、どのような手続きになるんだろう…」と疑問に思っていませんか? ここでは、過払い金請求の手続きの流れと、交渉にかかる期間についてご紹介します。
過払い金請求するときにデメリットや注意点はある?
過払い金請求によるデメリットが気になっていませんか? 日常生活に悪影響がある場合、過払い請求を躊躇してしまいますよね。ここでは、過払い金請求によってどんなデメリットがあるのか、ご紹介します。
過払い金請求の弁護士費用について
過払い金返還請求を弁護士に依頼するとき、費用がいくらかかるのか、気になりますよね。ここでは、過払い金請求にかかる弁護士費用について解説しています。
過払い金請求の依頼!弁護士と司法書士どちらがいい?
過払い金返還請求を専門家に相談するとき、弁護士と司法書士どちらにすべきか迷うことありませんか?ここでは、弁護士と司法書士の違いについてご紹介しています。
過払い金請求の消滅時効はいつまで?
過払い金返還請求に時効があることを、あなたは知っていますか?過払い金が発生していることがわかったら、期限が来る前に返還請求する必要があります。ここでは、過払い金返還請求の消滅時効について詳しく解説しています。
取引履歴や契約書がなくても過払い金返還請求できる?
過払い金返還請求する場合、取引履歴から過払い金を算出する必要があります。しかし、取引履歴や契約書がないこともありますよね。ここでは、取引履歴や契約書がないときの過払い金返還請求についてご紹介します。
過払い金請求の詐欺に注意!悪徳弁護士を見分けるポイントは?
過払い金返還請求をするとき、お金儲けだけが目的の弁護士に注意する必要があります。ここでは、悪徳弁護士の見分け方について解説しています。騙されたくない方は、一度は目を通しておきましょう!
過払い金請求で損せず和解するためのポイントとは?
過払い金返還請求するとき、どのような条件で和解すればいいか、判断が難しいことがあります。ここでは、損せずに和解するために、どんな点に気をつければいいのか、解説します。