同時廃止と管財事件の違いについて解説します!

法律全書を持つ男性

 

自己破産の手続きには、「同時廃止」と「管財事件」の2つの方法があります。

 

現在、自己破産手続きの多くは、同時廃止事件として処理されますが、どのようなときに管財事件として扱われるのはでしょうか?

 

今回は、同時廃止と管財事件の違いと、手続きが別れるポイントについてご紹介します。

同時廃止と管財事件の違いについて

同時廃止の特徴とは?

破産申立人に一定の資産がないとき、債権者への配当手続をする必要がありません。この場合、破産手続きの開始とともに配当手続きが終わりますが、この手続きを同時廃止といいます。

 

同時廃止になる条件は2つあります。1つめは、換価できるだけの資産がなく、破産手続き費用を捻出することができないことです。具体的には、少額管財事件の手続き費用となる20万円が目安です。

 

2つめは、借金を抱えた理由に問題がないことです。免責不許可事由に該当しなければ同時廃止になります。

 

同時廃止手続きの期間は、破産申立から免責確定まで約4ヶ月程度。裁判所に支払う費用も申立予納金(約1〜2万)だけです。

管財事件の特徴とは?

一定以上の資産(20万円以上の価値がある資産)があったり、借金を抱えた理由に問題がある場合、管財事件として手続きが進められます。

 

管財事件の場合は、破産の手続きと同時に破産管財人が選ばれます。破産管財人によって、債務者の資産は売却・現金化されて、債権者への配当として分配されることになります。

 

管財事件の特徴は、同時廃止に比べて免責確定まで時間がかかることです。簡単な手続きでも6ヶ月、資産の処分がある場合は1年近く時間がかかることもあります。

 

また、手続きにかかる費用も申立予納金(約1〜2万円)の他に、裁判所への管財予納金(最低でも20万円)が必要です。管財事件として処理される場合は、同時廃止に比べて時間と費用がかかります。

 

同時廃止と管財事件の違い【比較表】
 

同時廃止

管財事件

管財人の選任 なし あり
換価できる資産 なし あり
免責不許可事由 なし あり
居住制限 なし あり
手続き期間 3〜4ヵ月 6〜12ヵ月
裁判所への予納金 1〜2万円 20万円〜

手続きが別れる2つのポイントとは?

自己破産の手続きが、「同時廃止」になるか「管財事件」として扱われるか、の分岐ポイントは2つあります。

 

1つは、借金を抱えるに至った経緯に、破産法上で問題とされるような要素があるかどうか、という点です。

 

例えば、ギャンブルや浪費によって過大な債務を抱えたり、特定の債権者に対して偏った支払いを行った場合、免責不許可事由に当たります。このような場合、事情を調査する必要があるので、破産管財人が選ばれる管財事件になります。

 

2つめは、一定以上の資産があるかどうかです。例えば、20万円以上の価値がある車・退職金・保険解約返戻金などです。

 

このような資産がある場合は、財産の換価と債権者への分配が必要になるので、破産管財人が入ることになります。

まとめ

自己破産を検討しているなら、同時廃止事件か管財事件として扱われるか、気になるところですよね。

 

手続きの種類によって、発生する費用や免責までの期間が変わるので、不安に感じるかもしれませんが、同時廃止になるかどうかは、様々な事情が考慮されて決定します。

 

一人で考えていても問題は解決しないので、まず債務整理専門の弁護士に相談することをおすすめします。

 

⇒自己破産できるかどうか匿名無料で診断できるサイトとは?

 

関連ページ

借金総額いくらから自己破産できる?支払不能の基準とは?
借金総額がいくらから自己破産できるか気になっていませんか?自己破産のポイントは支払い不能であることです。ここでは、自己破産できる基準や支払い不能について解説しています。
自己破産にかかる期間と手続きの流れ
経済的に再出発できる自己破産ですが、具体的にどのような手続きの流れになるのか気になりますよね。ここでは、自己破産にかかる期間と手続きの流れについてご紹介します。
自己破産に必要な書類一覧
自己破産は裁判所から免責許可をもらい、借金をゼロにする方法です。申立をするときに、様々な書類を提出しなければなりません。ここでは、どのような書類が必要になるのかご紹介しています。
自己破産の弁護士費用と予納金の相場はいくら?
自己破産するためには弁護士費用だけでなく、裁判所に申立するための予納金が必要です。ここでは、自己破産にかかる費用の相場についてご紹介します。
自己破産の手続き〜弁護士と司法書士の違いとは?
自己破産の手続きを依頼するとき、弁護士と司法書士の違いが気になりますよね。費用を比べると弁護士の方が高額ですが、司法書士との違いは何でしょうか?どちらに依頼するのがベストなんでしょうか?
自己破産のデメリットについて
免責が決定すれば、借金がゼロになる自己破産ですが、デメリットもいくつかあります。生活にどんな支障があるのか気になるなら、チェックしてみてくださいね。
自己破産で免責が認められない免責不許可事由とは?
自己破産は無条件で免責が与えられるわけではありません。免責が認められない免責不許可事由があります。では、免責が許可されないのはどのようなケースでしょうか?
ギャンブルや浪費による借金で自己破産できる?
自己破産では、免責できない理由が定められています。免責不許可事由にあたるギャンブルや浪費による借金は、決して自己破産できないんでしょうか?
自己破産による資格制限!破産者が就けない職業とは?
自己破産によって裁判所から免責が許可されると、借金がゼロになりますが、一定期間就けなくなる職業があります。ここでは、自己破産と資格制限についてご紹介します。
自己破産すると住宅ローン支払い中の家はどうなる?
自己破産を検討するとき、住宅ローン支払い中の家がどうなるのか、気になりますよね。ここでは、自己破産手続きで住宅ローンの扱いがどうなるのか解説しています。
自己破産すると会社にばれる?クビになる可能性は?
「自己破産すると、会社にバレるんじゃないかな」と不安に思っている方も多いですよね。会社をクビになるという話もありますが、実際にはどのような影響があるのでしょうか?
自己破産すると滞納した税金も免除される?
多重債務で困っているなら、税金の支払いも滞っている場合がありますよね。このとき、自己破産することによって、税金も免除されるのでしょうか?ここでは、自己破産した時の税金の支払いについてご紹介します。
自己破産すると連帯保証人に影響がある?
自己破産によって免責を受けると、債務者の借金はなくなりますよね。では、その借金に連帯保証人(保証人)が付いている場合、どのような影響があるのでしょうか。連帯保証人の保証義務もなくなるのでしょうか?
自己破産すると養育費や慰謝料も免責される?
借金の支払い義務が免除される自己破産ですが、養育費や慰謝料も免責されるのでしょうか。ここでは、養育費や慰謝料の扱いがどうなるのか解説しています。
自己破産したら家族にどんな影響がある?財産はどうなる?
自己破産によって家族にどんな影響があるのか気になりますよね。家族に迷惑がかかることが嫌で、債務整理をためらう方も多いはず。ここでは、自己破産と家族の関わりについて解説します。
自己破産が理由で離婚されてしまう可能性はある?
自己破産するとき、配偶者に離婚されてしまうのではないか、心配になりますよね。今回は、自己破産が理由で離婚される可能性があるのか、調べてみました。