多重債務に陥って借金返済に困っているあなたへ

お金に困っている人

月々の借金を返済することができなくて、悩んでいませんか?

 

多重債務に陥ると、複数の金融業者に借金を返さなくてはなりません。借金を返済するために、新たに借り入れをしている方もいるのではないでしょうか?

 

もし、このような悪循環を繰り返しているなら、今すぐにやめましょう。ますます状況が悪くなるばかりです。

 

借金返済で苦しいなら、合法的に借金問題を解決できる「債務整理」がおすすめです。あなたに最適な借金返済の方法を検討しましょう。

 

こんな悩みを持つあなたに債務整理はおすすめです!
  • 月々の借金返済額を減らしたい
  • 借金の取立・催促に怯えないで生活したい
  • 家族・職場にバレずに借金を解決したい
  • 借金を返済して生活を立て直したい
  • 大切な人のために本気でやり直したい
  • 借金返済に目処をつけて、前向きに暮らしたい
  • 借金のこと誰にも相談できなくて苦しい
  • 多重債務でどう対処したいいのかわからない

 

⇒債務整理について匿名無料で相談できるサイトとは?

 

債務整理をおすすめする3つ理由とは?

約3年間で借金完済の見通しが立てられる!

ステップアップ

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類方法があり、個人の支払い能力や状況に合わせて最適な方法を選択します。

 

もし、支払い能力がない場合は、自己破産することになり、支払い義務が免除されます。

 

任意整理や個人再生を選択すると、支払う利息や元本が減額されて、無理のない返済計画を立てることができます。

 

返済計画は、一般的に約3年間で借金返済が終わるようなスケジュールになります。この期間にしっかりと支払いできれば、借金から解放されるわけです。

 

「いつまで借金を払わなければいけないんだろう…」という悩みを抱えている方も多いと思いますが、債務整理で解決できます。

 

借金の取立・催促から解放される!

借金の取り立て

借金の返済が滞りがちになると、毎日のように電話で催促されたり、頻繁に督促状が届きます。精神的にも追い詰められるし、憂鬱になりますよね。

 

弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると、債権者(貸金業者)に「受任通知」が送られます。受任通知を受け取った貸金業者は、債務者に対して直接借金の取り立てすることができなくなります。

 

というのも、受任通知には、債権者が直接借金の取り立てすることを禁止する法的拘束力があるからです(貸金業法21条1項9号)。

 

夜も眠れないくらい精神的な重圧になっているなら、専門家に債務整理の依頼をしましょう。借金の取り立てに怯えない平穏な生活が送れるようになります。

 

将来の人生設計を前向きに考えられる!

明るい未来

 

毎月の借金返済に追われた生活をしていると、前向きに人生設計を立てることができなくなりますよね。結婚や出産など、本来祝うべき人生の節目も、ネガティブに捉えがちになります。

 

債務整理をすると、無理のない返済計画を立てることができます。借金返済の期間も3年間と決まっているので、この期間で支払い終わると、借金に縛られない自由な生活を営むことができます。

 

信用情報機関に事故情報が登録されて5〜10年間、借金することができなくなるデメリットはありますが、借金に追われることはなくなります。

 

借金で悩まされることがない明るい将来を手にするためにも、専門家に今すぐ相談することをおすすめします。

債務整理について匿名・無料で相談できる相談所とは?

街角借金相談所

 

債務整理は一人で解決することは難しいので、弁護士や司法書士に頼むことになりますが、債務整理の専門家はどこで探せばいいのでしょうか?

 

債務整理したいと考えていても、いきなり弁護士や司法書士に相談することをためらってしまうことがありますよね。債務整理にはデメリットもあるので、躊躇してしまうこともあるでしょう。

 

そんなときにおすすめなのが、匿名・無料で債務整理の相談ができる「街角相談所-法律-」です。
簡単な情報を入力するだけで、どのような債務整理が適切なのか判断できて、全国の債務整理に強い専門家を紹介してくれます。

 

⇒「街角相談所-法律-」の特集ページこちら

債務整理についてよくある疑問や不安

債務整理をするとブラックリストに載ると思いますが、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

債務整理を行うと、個人の信用情報を扱う信用情報機関に事故情報が登録されるため、約5〜7年間は新規の借入れやクレジットカードを利用できなくなります。

 

この状態を「ブラックリストに載る」と言いますが、新たに借金ができなくなることの他にデメリットはないのが現実です。ブラックリストに載っても生活に支障が出ることはほとんどないので、過度に心配する必要はありません。

債務整理すると家族にどんな影響がありますか?

債務整理によって信用情報に傷がつくのは債務者本人だけです。家族のクレジットカードが使えなくなったり、ローンを組めなくなることはありません。

 

ただし、家族が債務者の保証人になっていると、債務整理の方法によっては影響が及ぶことがあります。例えば、個人再生や自己破産をすると、保証人が付いている債務も借金整理の対象になります。

 

そのため、保証人になっている家族は、債権者(貸金業者や金融会社)から借金の一括返済を求められることになります。

家族や会社に内緒で債務整理することはできますか?

任意整理の場合、裁判所を通さない手続きであるため、必要書類も多くありません。家族や会社にバレずに借金整理することは十分に可能です。

 

しかし、個人再生や自己破産は、裁判所を通して法的に借金整理をする手続きです。必要になる書類や資料も多く、家族の協力が必要になるため、バレてしまう可能性があります。

 

また、会社から借金している場合、その債務も借金整理の対象になるため、会社に債務整理がバレてしまいます。

債務整理したいけど費用が不安です。弁護士に依頼するといくらかかるのでしょうか?

債務整理の方法によって弁護士費用は異なります。個々の状況によっても差がありますが、以下の金額を目安にしてください。

 

  • 任意整理…債権者1社あたり4〜5万×債権者数
  • 個人再生…約50〜60万
  • 自己破産…約35〜45万

 

弁護士費用を一括で支払えない方が多いと思いますが、法律事務所によっては分割支払いが可能です。無料で相談してくれる弁護士事務所もあるので、まずは確認してみることをおすすめします。

債務整理の相談をするタイミングはいつが最適ですか?

もし、生活が苦しくて借金返済のために借入をするようなら、債務整理を検討すべきです。借金額が膨らむと、その分だけ多額の利息がかかります。借金総額も加速度的に増えていくため、ますます借金返済が苦しくなります。

 

返済が滞り始めると、債権者は保証人にも請求を始めます。債務者本人に対する取り立ても厳しくなるので、精神的にも追い込まれてしまいます。

 

債務整理の知識もなく、弁護士や司法書士に依頼するのが不安な方も多いと思いますが、匿名無料で債務整理の相談ができるサイトもあります。まずは、これらのサイトを利用してみることをおすすめします。

地元で債務整理に強い弁護士・司法書士を探したいなら…

注目の情報

借金の悩みを相談する

 

 

今すぐにでも借金の悩みから解放されたいあなたへ。当サイトでは借金返済で悩んでいる方のために、債務整理の方法を紹介しています。債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つの種類があるため、どれを選択すればいいのか迷ってしまいますよね。当サイトでは債務整理のよくある悩みについて解説しているので、興味のある項目をチェックしてみてください。また、あなたの街で債務整理に強い弁護士・司法書士を探せるサイトも紹介しています。対応しているのは以下の地域です。北海道/東北地方…青森県・山形県・宮城県・福島県/中部地方…石川県・新潟県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県/関東地方…茨城県・神奈川県・群馬県・千葉県・埼玉県・栃木県・東京都/関西地方…大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・滋賀県・和歌山県/中国地方…広島県・山口県・岡山県/四国地方…愛媛県・香川県/九州地方…福岡県・熊本県・長崎県・大分県・宮崎県・沖縄県